第166回
    テーマ:大学図書館による研究支援とURA(University Research Administrator)

    発表者:明谷早映子氏(東京大学リサーチ・アドミニストレーター推進室
    天野絵里子氏(京都大学学術研究支援室リサーチ・アドミニストレーター
    日時:2016年3月5日(土)午後2時〜4時
    場所:慶應義塾大学(三田) 西校舎1階 512教室

    概要:大学図書館による研究支援に対する関心が高まっている。一方、研究の入口から出口までをサポートするリサーチ・アドミニストレーター(URA)の育成と定着に文部科学省が力を入れている。今回は、2つの大学における URAの活動を通して、大学図書館とURAが連携した研究支援が可能か、研究活動以外の業務で負担が生じている研究者の環境改善に図書館も関わることができるか等について検討する。

    発表の詳細:

  • 明谷早映子氏(東京大学リサーチ・アドミニストレーター推進室
    「研究支援における図書館とURAとの協働の可能性について」
    概要:東京大学の図書館は、学生向けにレポート・論文作成や学習・研究に役立つ様々な講習会を実施するとともに、教職員向けにも各種研究力分析ツールの利用方法 についての講習会等を実施している。図書館の活動についての学内的な認知度は高いと推測されるものの、現時点では図書館とURAとの関係が密接とはいいがた い。そこで、図書館とURAが今後どのような態様で協働できるかについて、考察してみたい。

  • 天野絵里子氏(京都大学学術研究支援室リサーチ・アドミニストレーター
    「京都大学におけるURAと図書館との協働」
    概要:京都大学学術研究支援室(KURA)は、そのミッションの一つとして「学内組織との連携」を掲げており、図書館とは密接な関係を築いている。協働で実施しているいくつかの取り組みのうち、研究支援に関するワークショップKURA HOURや、リポジトリと研究成果データベースとの連携について具体的に紹介しながら、オープンサイエンスなどの新たなフィールドに対し、組織の枠を越え、どのように効果的な研究支援を行っていくのかについて考える。

    参加費:三田図書館・情報学会会員は無料/非会員は200円
    *事前の参加申込みは不要です。

    問い合わせ先
    三田図書館・情報学会事務局
    〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
    慶應義塾大学文学部 図書館・情報学専攻内


  • 第163回(終了)
    テーマ:NDC10版改訂の全容,そしてその先に

    発表者:藤倉恵一氏(文教大学越谷図書館
    日時:2015年7月18日(土)午後2時〜4時
    場所:慶應義塾大学(三田) 南校舎5階 453教室


    第164回(終了)
    テーマ:日本図書館協会認定司書の設計と意義

    発表者:大谷康晴氏(日本女子大学
    日時:2015年9月19日(土)午後2時〜4時
    場所:慶應義塾大学(三田) 東館6階 G-SECラボ


    第165回(終了)
    テーマ:図書館サービスにおけるユニバーサルデザイン
    発表者:関根千佳氏(同志社大学
    日時:2016年1月30日(土)午後2時〜4時
    場所:慶應義塾大学(三田) 大学院棟 313教室



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here



click here


ホーム | 学会誌 | 研究大会 | 月例会 | 学会賞 | BP賞 | 研究助成 | 委員会